税金が気にかかって貸すのを決めたマンション

売るよりも貸すことを選んだ

売るよりも貸すことを選んだサブリースで安定した収入このまま契約を続けていきたい

購入して数年間住んでいたマンションから転勤の都合で引越しをしなければならなくなりました。
もともと転勤は多かったのですが、定住生活を始めると考慮してくれて転勤が少なくなる傾向がある勤め先にいます。
そのため、マンションを買っても問題ないと思っていたのですが、間もなく転勤になって売るかどうかで悩むことになりました。
ただ、また転勤になって戻ってくることになる可能性もあったので、安易に売ってしまうと後悔すると思い、貸すことを決めました。
いつ戻ることになるかもわからず、その先も実は住まない可能性もあることも考慮して税金対策をしながらマンションを維持していこうと考えたのです。
単純にマンションを持っていても損をするというのはよくわかっていました。
固定資産税と都市計画税を毎年払わなければならないからです。
一時的な税金であれば諦めも付くのですが、毎年必ず納めなければならない点を考えると生活費の負担になるのは明らかでしょう。
ローンの返済も残っていたので、そのローンの分もカバーできる程度の収入が得られるように貸せば十分という考え方で賃貸することを決めました。

賃貸マンションを賃貸しているときの税金「売る」vs「貸す」どっちがおトク? - OCN不動産