税金が気にかかって貸すのを決めたマンション

サブリースで安定した収入

売るよりも貸すことを選んだサブリースで安定した収入このまま契約を続けていきたい

購入したときにお世話になった不動産会社に連絡をしたら管理業務も行っているということだったので、そこに依頼して貸す手続きを進めていき、最終的にはサブリースで経営することに決めたのは正解でした。
引越しをしてから一切何もしなくても安定して収入が入ってくるようになったからです。
入ってきたお金のほとんどはローンの返済に使うことになってしまいましたが、固定資産税などを賄うにも十分なものでした。
引越し先で特に何もせずに収入が入ってくるというのは魅力的なものであり、状態を確認するためにときどき戻る必要もないのは助かった点です。
その点も不動産会社に推奨されていたので、良い不動産会社に恵まれたと思っています。
ただ、税金については少し大変な面も生じるようになったのは確かです。
マンションを貸すと収入が入ることになるので、会社任せになっていた納税も自分で行わなければならなくなりました。
確定申告を毎年するようになって節税に対する考え方も持つようになったのは良かったとも悪かったとも言えます。